メイン 映画 映画/モータルコンバット(2021)

映画/モータルコンバット(2021)

  • Film Mortal Kombat

img / film / 80 / film-mortal-kombat.jpg ラウンド2 ...ファイト! 「歴史を通して、世界中のさまざまな文化がチャンピオンの素晴らしいトーナメントを参照しています。そのドラゴンのマーキングは、モータルコンバットとして知られている何かのために戦うための招待状だと思います。 - ソニアブレイド 広告:

モータルコンバット 2021年のアメリカの超自然的な武道のアクション映画です。サイモン・マッコイドによる監督デビュー作であり、グレッグ・ルッソとデイブ・カラーハンによって書かれ、ジェームズ・ワンによって制作されました。同名のビデオゲームフランチャイズに基づいており、で始まった映画シリーズの継続性の再起動としても機能します モータルコンバット:映画

物語は、コール・ヤングという名前の洗い流された総合格闘技の戦闘機に関するものです。彼は彼の隠された血統や暗殺者のリン・クエイ一族のサブゼロに追い詰められている理由に気づいていません。彼はジャックスという男によって時間のニックネームで救われました。彼はソーニャという女性を指差して、アウトワールドの勢力とのハイステークスバトルでアースレルムを守るために選ばれた戦闘機のグループの一員であることを明らかにしました。



映画の主演は、コール・ヤング役のルイス・タン、ソニア・ブライド役のジェシカ・マクナミー、カノ役のジョシュ・ローソン、雷電役の浅野忠信、バイハン/サブゼロ役のジョー・タスリム、ジャクソン「ジャックス」ブリッグス役のメカド・ブルックス、リュー・カン役のルディ・リン。 、カン・ラオ役のマックス・ファン、シャン・ツング役のチン・ハン、ハンゾ・ハサシ/スコーピオン役の真田博之、レイコ​​役のネイサン・ジョーンズ。

広告:

この映画は、2021年4月23日に劇場とHBO Max(後者は5月23日まで利用可能)の両方で公開されました。



プレビュー:


モータルコンバット 以下の例が含まれています:

  • Adaptational Angst Upgrade:Liu Kangは、プライベートシーンでColeに、僧侶によって通りから救出された孤児であったことを認めていますが、ゲームは彼のバックストーリーについて詳しく説明していません。
  • 適応的ヒロイズム:
    • 最悪の場合、スコーピオンは名目上のヒーローであり、サブゼロに復讐して家族に復讐するために悪役を味方につけただけでした(サブゼロは責任を負いません、クアン・チは責任を負いません)。ここでは、スコーピオンは死ぬ前に地球のチャンピオンであったことが示され、彼の家族、一族、そして彼自身を直接殺したことでサブゼロへの復讐を求めるヒーローの側にしっかりといて、戦いでコールをサポートしています彼の娘を通して彼の子孫として
    • 広告:
    • で破壊されたカノ。彼はドラゴンのタトゥーの1つを持っており、アースレルムを守るために選ばれたチャンピオンの1人であることを示していますが、元の所有者を殺害したためにのみ持っています。彼は爬虫類に襲われたときにソーニャとコールの命を救いますが、せいぜいトークンの邪悪なチームメイトであることがはっきりと示されています。彼らを裏切ってシャン・ツングの側に逃げる機会を提供されたとき、彼はあまりためらうことなくそうしました。
  • Adaptational Jerkass:通常は父親で親切な雷電は、ここでははるかに厳しく、Earthrealmのチャンピオンが出会ったときに残されたものを嘆き、侮辱し、トレーニング中に彼らへの信頼をほとんど示しません。 Earthrealmは9つのトーナメントを失い、破壊の危機に瀕しているため、正当化されました。そのため、彼はチャンピオンが死ぬのを何世紀にもわたって見守っていたことに明らかにうんざりしています。彼らが彼ら自身を証明したら、彼は彼らにウォームアップします。そして、ある程度のトリックスター/シンクまたはスイム/エキセントリックメンターが活躍しています。
  • 適応的謙虚さ:ほとんどのキャラクターの衣装は、ゲームの相手のより露骨な衣装よりも実用的で現実的に見えるように設計されています。
    • ソーニャは、最初のゲームで着用したカットオフトップとタイツ、または以前に着用した他の衣装の代わりに、1995年の映画で着用したものと同様のタンクトップとパンツを着用しています。 MKX
    • カノのモダンな外観は、通常、シャツを着ずに歩き回っています。ここでは、彼はいつも袖を切ったベストを着ているのを見ています。
    • スコーピオンとサブゼロの忍者の衣装は、袖がないか、アンダーシャツを忘れています。この映画では、2人はボディアーマーで飾られています。
    • ミレーナは露出度の高いレオタードを着用せず、皮肉なことに、1995年の映画で彼女の「妹」であるキタナが着ていたのと同じような服を選びました。
    • タンクトップを着たジャックスは、腕を凍らせて、機械的な腕を手に入れた後、シャツを着ずに映画の残りの部分を回るまで転覆しました。
    • チャンピオンズのトレーニング中にゲームの相手のように上半身裸になるリュー・カンとジグザグになりましたが、実際のコンバットではシャツを着ているのが見られます。
  • 適応ナイスガイ:
    • KungLaoとLiuKangの関係。ゲームでは、カンラオはリューカンと常に誰かより良いライバルを持っていました。それは決して止まらないようですが、彼らはお互いと彼らのスキルを尊重しています。映画では、彼らはうまくやっており、当時マークを持っていなかった劉よりもカンラオの方が良かった。二人ともカノを選ぶのを楽しんでいるようですが、それは彼が潜在的な力を解き放つのを助けるためでした。シャン・ツングが彼の魂を盗むとき、リュー・カンは彼のために悲しみます。KungLaoは実際にはLiuKangと友達であり、ライバル関係は彼らの協力ゲームの後でのみ提起されたため、これはテキストに忠実です。 モータルコンバット:少林寺の僧侶
    • スコーピオンもこの治療を受けます。ゲームでは、彼はサブゼロの手で死んだ後、復讐に取りつかれたレヴァナントになりました。しかし、この映画では、彼はより守護霊であり、サブゼロとの最後の戦いでコールを助けているように見えます。これは、ゲームで白井竜が完全に一掃されたという事実によって正当化されます。この映画では、一族は半蔵の娘、ひいてはコールの血統を通して生き続けています。
  • 適応型スーパーパワーの変化:
    • ゲームの高度な技術によって付与された多数のパワー(ジャックスの腕、カノのレーザーアイ、ソーニャのエネルギーリング)は、「アルカナ」と呼ばれる魔法ベースのスーパーパワーに変わり、トーナメントの選択に結び付けられます。
    • Liu Kang's Fatalityでは、彼は自分自身を1つに変える代わりに、彼の火力を使用してドラゴンを作成します。
      • この動きは実際にはからの致命的な打撃に基づいていました MK11
  • 適応悪役:
    • Bi-Han / Sub-Zero Iは、ゲームの想像力の範囲ではいい人ではありませんが、実際にはスコーピオンの家族を殺したのではなく、QuanChiに囲まれていました。映画では、彼はそれを自分で行い、それを非常に誇りに思っています。これは、Bi-Hanがゲームで登場する悔い改めない邪悪なNoobSaibotに近い特徴です。元の映画と比較すると、彼は洗脳されたエリートムックではなく、代わりにシャンツングの喜んで同盟者であるため、これでもあります。
    • シャン・ツング自身は常に悪役でしたが、通常、英雄の破壊に向けて公然と取り組んでいる間、控えめで魅力的なファサードを身に着けていることで知られています。この映画は、彼をモータルコンバットトーナメントのルールに従ってプレイするふりをしていない、はるかに冷たく残忍な存在として提示し、すでに勝利したように振る舞うか、または彼が妨害されるたびに暗い静かな怒りの状態にあります。
  • 適応原点接続:
    • すべてのキャラクターの特別な動き(「アルカナ」と呼ばれる)は、以前にゲームで武器やサイバネティックスを使用して行われたものを含め、チャンピオンとして選ばれたキャラクターに付与される明示的なスーパーパワーです。
    • モータルコンバット9 、ジャックスの腕はエルマックによって引き裂かれました。映画では、サブゼロがフリーズしてそれらを破壊します。
    • カノとカバルでジグザグ。ゲームとこの映画の両方で、カノはカバルが彼の生命維持システムを持っている理由ですが、正反対の理由で、 9 この映画は、カノが彼を裏切って、そもそもそれを必要とした怪我を残したことを暗示していますが、この映画は、カノが彼らの古い友情のために彼を復活させるためにそれをインストールすることを示しています。
  • 適応アウト:カノとのソーニャのバックストーリー、そして彼女の元のパートナーは、映画のカットをしません。ゲームでは、ソーニャはパートナーを殺したことでカノを執拗に狩り、その後のすべてのタイトルで彼への憎しみが高まっています。この映画では、ソーニャはカノが前のアースレルムチャンピオンを殺しているのを見つけるまで、カノにまったく会いませんでした。カノは、映画の現在の部分が始まる直前でした。ソニアとカノは映画の中でお互いを軽蔑していますが、彼らの敵意はゲームのどこにもありません。
  • 大人の恐怖:
    • 半蔵は、家族がリン・クエイの暗殺者に襲われたとき、水を得ています。彼が彼らの悲鳴を聞く時までに、それはすでに手遅れです。ビハンに致命傷を負った後、家の床板の隠れ場所から幼い娘が泣いているのを聞いたが、娘を捕まえようとするとすぐに失効し、雷電まで飢えてしまうのではないかと恐れた。彼女を救助します。
    • サブゼロはこれを使用して、コールを1対1の戦いに誘い込みます。コールを娘のブレスレットで罵倒し、凍らせます。コールはすぐに彼の家族が危険にさらされていることを認識し、サブゼロを追いかけます。
  • 年齢の上昇:ゲームでは、スコーピオンとサブゼロは20世紀に生まれました(1つの情報源によると、スコーピオンは1969年、サブゼロは1970年です)。この映画では、スコーピオンは1617年に殺害され、400年以上にわたってネザーレルムに送られました。サブゼロは現代に400年生きました。
  • 腕と脚 :
    • いつものように、貧しいジャックスは腕を失います。この表現ではサブゼロが原因であり、ジャックスが彼に立ち向かおうとすると両方がフリーズし、その後それらを粉砕しました。
    • コールはGoro's hands彼らの戦いの間に。
    • 半蔵は、オープニングでリン・クエイの暗殺者の一人から腕を切り落とす。
  • 先祖の武器:雷電が与えるコール死ぬ前に使っていたクナイ半蔵。後で、クナイはで覆われますコール?? sの血、それは終わるサブゼロとの戦いを助けるためにスコーピオンを召喚する
  • そしてそれをあなたに見せてください:カノは終わります爬虫類彼の素手で彼の心を引き裂き、それを披露するという彼の古典的な動きを実行することによって。
  • そして主演:「チン・ハン、ジョー・タスリムをビハンとサブゼロ、真田広之をハンゾ・ハサシとスコーピオンとして。」クレジットリストには、「デイモン・ヘリマンをカバルの声として」も強調されています。
  • そしてこれは...のためです:変種。リュー・カンは戦闘中にそれを発表しませんが、カバルを倒した後で初めて、彼は倒れた友人のクン・ラオにそれを捧げます。
  • アローキャッチ:
    • 半蔵と1617年のBi-Hanの最初の戦いで破壊されました。HanzoはBi-Hanで縄鏢を発射しますが、それを見逃して木に埋め込みます。ビハンは、半蔵がどのように逃したかについてうめき声を上げるかのように、彼の頬をロープに当てます。半蔵半蔵はそれをヤンクし始めますが、Bi-Hanはそれを捕まえることができず、その過程で彼の頬を切りました。
    • 映画のクライマックスの間にまっすぐに演奏されたスコーピオンとサブゼロが同様の状況に陥る。今回、Bi-Hanはクナイを完璧にキャッチします。
  • アーティファクトタイトル:モータルコンバットは、アウトワールドに対するアースレルムの運命を決定するトーナメントを指します。映画では、キャラクターはトーナメントを準備しなければならない重要な要素として定期的に言及していますが、実際には決して行われません。シャンツングは事前にアースレルムチャンピオンをターゲットにして殺すために戦士を送り、阻止されると、長老の神々が忙しすぎて彼らの法律のこの違反に気付かないことを暗示する線。ゲームでは、他の脅威が提示されるにつれてトーナメントの角度が徐々に低下しますが、これは再起動映画シリーズのために取る珍しい道です。
  • 嫌いな人の犠牲者:Liu Kangは、彼が子供の人身売買業者を殺すことによって彼のマーキングを得たと述べています。ソーニャはカノを殺すことで彼女を手に入れます。
  • Badass自慢:
    • 寺院での夕食のシーンで、カノは自分自身を、カンラオもリューカンも想像できないことのために35カ国で指名手配された犯罪者であると述べています。
    • セイバー(運命/滞在夜)
    • サブゼロの死で最高潮に達した決定的な敗北の後、シャン・ツングは彼自身とアウトワールドのためにそれを届け、次回は戦闘機の代わりに軍隊を連れてくると叫んだ。
  • Badass Bystander:Coleの妻Allisonが気を散らす四腕怪物五郎、斧で、彼女の夫に回復する機会を与えます。
  • 悪い力、良い人々:半蔵は、Bi-Hanが彼を暗殺するようになる前は、人生で良い家族の人でした。 Netherealmに入ると、そこに閉じ込められたときにHellfireやその他のテクニックを使用できるようになります。
  • 他の世界からのバックアップ:コールがサブゼロとの戦いに負け始めたとき、彼はスコーピオンのクナイで彼を刺そうとします。サブゼロはコールの刃を回し、それで後者の指を切ります、しかし、血は結局、コールがサブゼロと戦うのを助けるネテラルムからスコーピオンを召喚することになります
  • ビッグバッド:映画のプロットが主に基づいている最初のゲームのように、シャンツング。
  • ビッグダムヒーローズ:
    • ソーニャが到着し、カノを殺し、ドラゴンマークを受け取り、アルカナのロックを解除しました。ちょうど間に合うように、ミレーナをエネルギーリングで爆破し、コールを救いました。
    • サブゼロとの最後の戦いでコールがロープに乗っていることに気付いたとき、スコーピオンはネザーレルムから手を貸すために到着します。
  • ビッググッド:雷電は、ゲームシリーズと同様に、アースレルムチャンピオンのメンターであり、アースレルム側で最も強力なキャラクターです。
  • 運命のあざ:コールは生まれてから胸に跡があります。選ばれたすべての戦闘機がそれらを持っていることが明らかになり、トーナメントが近づくたびに通常表示されますが、Earthrealmのチャンピオンとしてマークされています。
  • 奇妙でありそうもない弾道学:アルカナの説明によって正当化されますが、カンラオの帽子は適格です。
  • Black Eyes of Evil:Shang Tsungは、悪魔の力を発揮するときにそれらを持っています。
  • 'Blind Idiot'翻訳:HBOMaxはLiuKangのライン 'Fatality!'を転写しました。これは、フランチャイズを象徴する仕上げの動きへの言及です... '[Kangは外国語を話します]'。
  • Bloodier and Gorier:この新しいRレーティングの映画 絶対に PG-13定格の90年代の映画のブラッドレスカーネイジの後、フランチャイズで知られる血まみれのカーネイジを採用しています。
  • 騒々しい弱さ:カノは他のチャンピオンと比較して劣ったスキルを示す誰かのためにかなり大きな口を持っています。
  • ボンドワンライナー:多くの、ほとんどが神話ギャグタイプ。
    • はさし半蔵が亡くなると、美漢は「リンクエイのために」と言う。
    • カノの心を引き裂くのに続いて、「カノが勝つ!」と言った。
    • カンラオトップオフバズソーハットでニタラを殺したとともに' 完璧な勝利 。 '
    • ソーニャ終了後に1つを取得しますKano. [カノはソーニャを絞め殺しにしている]
      Kano :教えてください、ブロンディ、それはどのように感じますか?
      [ソーニャは近くの庭のノームをつかみ、レーザーの目をノームで突き刺し、彼を殺します]
      ソーニャ :すごかった... メイト
    • リュー・カン殺すカバル、彼は言います、' 死亡者 。カンラオのために。
  • ブックエンド:映画は、将来のスコーピオンが将来のサブゼロから家族を守ることに失敗したことから始まります。クライマックスでスコーピオンは地獄を脱出し、子孫のコールがサブゼロから家族を救うのを助けます。
  • ブレスウェポン:スコーピオンは彼の最も象徴的な死者を表示します:彼が使用する相手に地獄の火を呼吸しますサブゼロを終了します。
  • そのミッチェルとウェッブの外観
  • 簡単なアクセントの模倣:ソーニャはカノを「仲間」と呼びます致命的に彼の目を刺した後。皮肉なことに、これはオーストラリアの女優をモックオーストラリア人にします。
  • ブリックジョーク:カノはソーニャの庭のノームに唾を吐き、ノームがどれだけ嫌いなのかを言います。彼女は後で彼を殺すためにそれを使用します。
  • 残忍な乱闘:映画の派手な決闘とは異なり、ソーニャ対。Kanoソーニャの窮屈な家で行われ、2人のコンバタントが壁、カウンター、窓にぶつかり合い、純粋な殴り合いのための武道を控えています。ソーニャはカノにこれまでで最も屈辱的な死者を与えることによって勝ちます:庭のノームによる死。
  • Bullet Dodges You:Jaxのショットガンと腕を凍結することに加えて、Sub-Zeroは、発射された後、空中でショットガンからのペレットも凍結します。
  • しかし、あまりにも外国人ではない:コールと彼の娘サブゼロが半蔵と彼の家族を虐殺した後、雷電に連れて行かれた半蔵の生き残った娘の子孫です。スコーピオンとして、彼はサブゼロと一緒に戦うことによって彼の子孫への敬意を示しています。彼らは両方とも目に見えてアジア人です、しかしこれは彼らを彼らの知られているものから400年離れさせます 日本語 祖先。
  • バットモンキー:
    • 映画の主人公であるにもかかわらず、コールは外部の助けなしに戦いに勝つことができないようです。オープニングシーンでは、経験豊富なMMAファイターと対戦し、彼をタップアウトさせます。ソーニャは彼にドロップし、爬虫類にぶつかり、トレーニング中に殴られ、妻が彼を救わなければならない間、ゴロに直面します。それから彼はソーニャが彼を救うまでミレーナと戦います、そして彼はサブゼロによって残酷に打ちのめされて、スコーピオンによって早すぎるビッグダムヒーローズの瞬間のためでなければ殺されるでしょう。そして彼は 主人公 映画の。
    • カノは、他の戦闘機からの多くのジョーク、ビートダウン、侮辱の矢面に立たされています。もちろん、これは狩野ですので、絶対にすべてに値するものであり、彼はそれをとるよりもさらに上手に料理することができます。
  • 強く戻ってきた:ネザーレルムでの400年は、半蔵を以前よりもさらに強くし、チェーンスピアやヘルファイアなどの能力を獲得しました。
  • キヤノン外国人 :コール・ヤングと彼の家族は、ゲームに対応するものがありません。はさし半蔵もゲームに娘がいなかった。
  • キャッチフレーズ:
    • 当然のことながら、スコーピオンは彼の象徴的な「GET OVER HERE!」
    • シャン・ツングは彼の古典的な「あなたの魂は私のものです!」と言います。
    • 「Fatality!」、「Flawless Victory」、「KanoWins」がすべて登場します。
  • チェーホフの銃 :笑いのためにプレイしました。映画の早い段階で、カノはソニアの庭のノームの1つに唾を吐きます。彼女は後でクライマックスの間に彼の力を与えられた目に彼を刺し、彼を殺すためにそれを使用します。
  • 選ばれた多くの人:自分の体にマークがある人は誰でもモータルコンバットに参加する運命にあります。 Shang Tsungは、チャンスが来る前に彼らを殺すために、意図的にこれらの人々を追い詰めます。マークのある人がマークのない人に殺された場合、後者はそれを継承します。
  • 選ばれし者 :コール、半蔵「スコーピオン」はさしの子孫であるため。予言は、ハンゾ・ハサヒの血が再浮上したときにアウトワールドがモータルコンバットを通して地球を征服することに失敗するだろうと述べています、予言はコールに言及しています、そしてそれがシャン・ツングが最初にハサシと彼の家族を殺すためにサブゼロを送った理由です(チェーン全体を設定します動いているイベントの)そして殺す すべて アースレルムのチャンピオンの、アウトワールドの暗殺者と戦うために再び彼らを結集します。
  • 戦闘プラグマティズム:
    • 悪役に雇われ、次のトーナメントで誰もアースレルムを守ることができないように、アースレルムのチャンピオンを殺します。
    • ソニア・ブライドがカノとの戦いで雇い、スニークアタックのために自宅のクロールスペースに出入りしました。
  • 忍術の保存:忍者のハサシ半蔵が、攻撃している複数のリンクエイの戦士を完璧に殺すことができるが、結局彼を殺してしまうビハンと戦うという文字通りの事件。
  • 便利な孤児:コールは両親を知らなかった孤児でしたが、彼はすでに自分の家族を持っているので、それは彼を悩ませることはありませんでした。雷電は彼に彼がスコーピオンの生き残った娘の子孫であると言います。
  • 常に嘘をつくカバー:トレーラーやいくつかのプロモーションアートにもかかわらず、彼は主人公になりましたが、スコーピオンは実際には映画の中で2つのシーンしかなく、コールが見る散発的なビジョンを除いて、両方とも映画の最初と最後でサブゼロと戦っています。
  • クリエイティブクロージングクレジット:クレジットは、映画のシーンの黒と赤のレクリエーションの横に表示されます。そして、タイトルになると、それはたっぷりと出血します!
  • 文化的に敏感な適応:スコーピオンとサブゼロはそれぞれ日本と中国の子孫の忍者であり、雷電は雷神という日本の神に基づいています。それにもかかわらず、彼らは元のゲームと以前の実写のほとんどの適応で白人俳優によって描かれました。この映画には、アジアの俳優が演じる3人のキャラクターがすべて含まれており、それぞれのキャラクターの国籍や民族と一致させることで、交換可能なアジア文化を回避することさえできます。これは、映画の他のすべてのアジアのキャラクターにも当てはまります。さらに、女性キャラクターはほとんどのゲームよりもはるかに控えめな衣装を持っています。
  • 縁石の戦い:カンラオ対ニタラは恥ずかしいほど一方的です。彼は単に彼女の背中に飛び乗って、帽子を丸のこに変え、そして彼女を正面からそれに衝突させます。 カンラオ: 完璧な勝利。
  • サイボーグ:転覆。ジャックスは金属製の腕を持っていますが、それらは技術的な起源というよりは魔法のようなものです。カノも同様に彼の象徴的な金属フェースプレートを欠いています。
  • Damsel in Distress:AllisonとEmilyはこの方法で2回終了します。初めては信じられないほど短いです、ゴロが彼らをトラックに閉じ込めて殺そうとしているとき、それはコールのアルカナのロックを解除するのに役立ちます。 2回目はストレートで演奏されます。サブゼロが彼らを人質に取ってコールを誘惑して彼と戦うとき
  • Extraに降格:
    • 通常は主人公または少なくともTheChosenOneであるLiuKangは後部座席に座り、最も経験豊富な人物の1人ですが、グループの1人にすぎません。
    • 五郎、通常は 大きい シリーズの早い段階(または元のトーナメントを適応させるもの)に焦点を合わせ、コールの家族を攻撃する1行の対話を持つモンスターとしてのマイナーな役割しか得られません。
    • 雷電はほとんど映画に登場しておらず、グループを指導することはほとんどありません。
    • スコーピオンはコールのバックストーリーにとって重要であり、本質的にフランチャイズマスコットですが、彼は映画の最初と最後にのみ登場し、基本的にサブゼロと戦うためだけに存在します。
  • 指定された少女の戦い:シャン・ツングの軍隊が寺院に侵入すると、ソーニャはミレーナと対戦します。後でソーニャが彼女との再戦を要求したときに転覆したが、コールは代わりにカノと戦うように彼女に要求し(彼は彼女が彼を連れて行くことができることをすでに見たので)、彼はミレーナと戦う。二重転覆したときミレーナは彼を圧倒しているが、ソーニャはカノを殺したことから新たに得られた驚きのエネルギー爆発で彼女を殺した。
  • 失格による勝利:Shang Tsungは、Earthrealmのファイターがトーナメントに参加しないようにすることでトーナメントに勝とうとしています。これにより、トーナメントに自動的に勝利が与えられます。彼は、過去9回のトーナメントでこの方法で勝利したか、少なくともEarthrealmのファイターを十分に殺して深刻な不利益を被ったことを暗示しています。
  • これはあなたに何かを思い出させますか? :暴力的で下品で筋肉質の男性が女性の家に侵入し、「ハニー、私は家にいます」と言って、多数のナイフと スラッシャースマイル 。彼女は、彼が自分よりもはるかに大きいので、彼が物理的に彼女を圧倒できることを知っているので、実用主義と彼女自身の訓練に焦点を当て、主にナイフでこっそり攻撃を隠して使用することによって彼と戦います。戦いは激しく、彼女はナイフで彼を斬り、戦闘演習で彼を投げ、彼は彼女を何度も首と髪の毛でぬいぐるみのように家の周りに投げ、最終的に彼女を固定し、窒息死させています。それは彼女が必死に手を伸ばして鋭いものをつかみ、彼の目を刺し、彼を殺し、そして最後にそれがどれほどカタルシスであったかについてコメントすることで終わります。それは家庭内暴力の状況のように聞こえますか?通常はそうなりますが、この場合はそうではありません。それはソニアとカノの残忍な乱闘
  • 科学者で行う:アルカナは、テクノロジーを使用して元のシリーズで力を得るキャラクターが、魔法でそれらを得る方法を説明します。
  • Dragon:Sub-Zeroは、Shang Tsungの役割を果たし、伝統的にGoroのスポットとなっています。魔術師には多くのチャンピオンがいますが、サブゼロはその中で最も危険であり、ハンゾーにとって最も個人的な敵です。そしてひいてはコール。彼はまた、映画の ファイナルボス
  • Evil Sounds Deep:Sub-Zeroは深い声で話します。
  • アイビーム:カノの超大国。サイバネティックスがないので魔法のようです。
  • アイスクリーム:
    • コールは巨人の目を通して彼の刃のトンファーを刺すことによってゴロを殺します。
    • これは、庭のノームではありますが、ソーニャがカノを仕上げる方法でもあります。
  • フェイス??ヒールターン:カノは最初はアースレルムを守るチャンピオンの一人としてスタートしましたが、最終的には彼らが訓練している雷電の寺院を保護する障壁を破壊し、シャンツングの軍隊がアースレルムの戦闘機に対して奇襲攻撃を開始できるようにすることで彼らを裏切ります。そもそも彼が本当にいい人だったわけではない...
  • 顔の恐怖:ミレーナの口は、歯がむき出しの通常の広い口ではなく、かなり正常に見えますが、頬全体に伸びるグラスゴースマイルと組み合わされた恐ろしい血まみれのあざがあります。映画の後半で、コールが彼らの戦いで優位に立つと、彼女はタルカタンの怒りを解き放ち、口を裂いてむき出しにします すべて 彼女の歯は最初に、そして最終的には最後に。
  • Evulzの場合:Sub-Zeroには実際の理由はありませんコールの家族を生かしておく。彼はどうやら彼ができるように純粋な悪意からそれをしているようです家族全員を一緒に殺します。
  • 伏線:
    • 私たちが最初にコール・ヤングに会ったとき、彼は黒いボクサーローブ(忍者のように見える)と黄色い拳テープを着ています。今、誰の色が主に黒と黄色ですか?後で彼がスコーピオンの子孫であることがわかりました。
    • コールは、MMAの試合での攻撃を支持して、彼のわずかな防御のために「人間のサンドバッグ」として嘲笑されています。結局のところ、彼のアルカナは、彼が打撃を吸収し、エネルギーをリダイレクトするか、それを武器に変換することを可能にする鎧のスーツとして現れます。
    • 地球で最も訓練された戦士の一人であるリュー・カンは、彼の力はマークで小児性愛者を殺し、それを自分で手に入れた後、即座に人を殺した。映画の後半で、ソーニャは、自分自身と戦うための高度な訓練を受けており、指名手配の犯罪者であるカノを殺した後、すぐに力を手に入れます。
  • 彼の力を忘れた:鋭い爪、不可視性、そして おかしな酸唾 、爬虫類は彼の時間の多くを人々を投げ回しているようです ない 彼のより良い攻撃スキルを使用します。彼が酸を使うのはソーニャのトレーラーに侵入して彼の腕のナイフを溶かすだけであり、彼はカノを一度だけ引っ掻く。
    • 現時点ではKungLaoはShangTsungに魂を吸い込まれ、雷電とLiu Kangはどちらも役立つ力(テレポートと火の玉の射撃)を使用していません。雷電は、神として干渉することは禁じられていると指摘しているが、劉康はそのような制限がなく、カンラオを終える前にシャンツンを火の玉でうまく叩くことができた立場からの目撃者だった。
  • フリーズフレームボーナス:
    • ある時点で、デリア、アーガス、デゴンの壁画を見ることができます。これは、そのゲームにつながるイベントがこの宇宙で起こったことを意味します。
    • シャオカーンの像がアウトワールドに登場します。
    • モータルコンバットの歴史に関するソーニャの弦理論ボードは、ナイトウルフとコタルカーンに似た人物の画像を特徴としています。
  • 誰も好きではない友人:Earthrealmチャンピオンの誰もカノに耐えることができません。彼らは皆、チャンピオンでもないソーニャに対して、より敬意と親しみやすさを示しています。
  • 友好的な競争:軽視。ラミレスという名前の戦闘機とのケージマッチの準備をしているコールが紹介されています。試合後、彼らは友好的な交換を行い、ラミレスは試合で彼を褒め称えます。
  • 神々は怠惰でなければならない:シャン・ツングは同じように言います。それが彼が規則にひどく違反することができる理由です—雷電の前で、それ以下ではありません—そしてそれのために決して罰せられません。
  • ゴーン:最後に、 モータルコンバット 血まみれの栄光の中で死者を出した実写映画。多くのキャラクターが象徴的な仕上げの動きを実行し、血まみれの結果が画面にはっきりと表示されます。
  • 無償の英語:
    • スコーピオンは、彼の有名な「GET OVER HERE!」を除いて、映画全体を通してほとんど日本語を話します。彼と2人の古代の日本と中国の戦士であるサブゼロが英語のコードネームを採用する理由も説明されていません。
    • 映画のフランスの吹き替えでさらに取り上げられました。 全ての ゲームのキャッチフレーズは翻訳されません。
  • 鼠径部攻撃:1617年の日本での戦いの間に、ハサシ半蔵がビハンに1つを届けます。
  • 銃は価値がない:銃が使用される唯一の2つのシーンは、ユーザー(SonyaとJax)が敵に対してほとんど無力であると描写しています。彼らの敵は銃を役に立たなくする超自然的な能力を持っているので、正当化されます。
  • 無害な凍結:映画の過程で回避され、まっすぐに再生されます。瞬間冷凍肉の効果はに示されています 恐ろしい サブゼロが文字通りジャックスの腕を粉砕するときの詳細。映画の後半では、エミリーとアリソンが完全に氷に包まれていても、毛布と焚き火で修正できない害はありません。
  • ヘイトシンク:映画の冒頭でコールが戦うジムのオーナー。彼の唯一の出演は、コールの戦闘スキルを嘲笑し、コールの娘を彼のコーナーマンであると思い込み、そして彼がハリウッドに行くと言ったときにコールの顔で笑うことで構成されています。これは、後で親切で敬意を表して、良い試合をしてくれたことに感謝しているファイターのコールの顔とはまったく対照的です。
  • ハートは素晴らしいパワーです:カノはカンラオの「ハットフリスビー」を嘲笑しますが、彼はそれがかなり効果的なアルカナになるのに十分なスキル/賢さを持っています。
  • ヒーローキラー:サブゼロは、アースレルムチャンピオンにとって最も致命的な脅威と見なされています。彼は1617年に日本で最も偉大な忍者の1人であるハサシ半蔵を殺害し、それ以来何世紀にもわたってアースレルムの戦士の多くを暗殺したことを暗示しています。少林寺の介入がなければ、彼はジャックスの腕を粉砕した後、ジャックスを殺したであろう。ヒーローたちは彼と1対1で戦うことすら考えていませんそして実際、彼はコール・ヤングが最後の戦いを助けるために不注意にスコーピオンを召喚したときにのみ殺されます。
  • 異性愛者の生活-パートナー:LiuKangとKungLaoは親友であり、Liu Kangは、Kung Laoが彼を世話した最初の人々の1人であり、しばしば並んで見られることを認めています。Kung Laoが殺されると、Liu Kangは荒廃し、彼の象徴的な武道のヘッドバンドに敬意を表して取り上げます。彼がカバルと戦うとき、彼は彼を殺した直後に「カンラオのために」と言います。
  • 歴史の繰り返し:スコーピオンはコールの妻と娘が氷で凍っているのを見て、コールは必死に彼らを救おうとします。これは、サブゼロによって凍死した妻と息子の記憶を呼び戻し、彼に次のように伝えます。コールと彼の娘は彼の子孫です。これにより、彼はヘルファイアを使用してそれらを保存するのに十分なトリガーとなります。
  • ハリウッドアシッド:カノは、爬虫類の酸の唾が触れたものすべてを溶かしていることに気づき、それを使って自分の束縛から解放されます。
  • 砂時計のプロット:ソニアとカノの間。カノは最初の旅でアルカナを学ぶチャンピオンとしてスタートしますが、ソーニャはクエスト中に唯一の非チャンピオンです。その後、ソニアはカノを殺し、チャンピオンになり、彼女のアルカナをすぐに学びます。
  • 氷の人:サブゼロはジャックスのショットガンをフリーズし、次にジャックスの腕をフリーズします。彼は後に部屋全体を凍らせ、スコーピオンと戦っている間に氷の壁を作り、こぼれた血を凍らせて短剣を形成するのが見られます。彼はまた、彼の力を使って人々を凍らせ、剣を作り、そして人々に氷の塊を投げます。
  • 象徴的な属性採用の瞬間:
    • サブゼロはJax ?? sの元の腕を凍結して粉砕します。ジャックスは後で原油の代替品を手に入れ、アルカナのロックを解除するとアップグレードされます。
    • オープニングシーンでは、ハサシ半蔵が地面のクナイとロープから象徴的な縄鏢を作っているのが見られます。
    • ミレーナ??の口は、コールとの戦いの間に裂けて開き、ゲームでの彼女の古典的な外観に似ています。
    • カバルとミレーナと対戦する前に、リュー・カンは現在のゲームの相手と同じように、頭の周りに赤いバンダナを結びます。
    • 爬虫類がカノを攻撃すると転覆。カノは爬虫類の爪で顔の左側を切り落としますが、損傷は皮膚の深さだけであり、彼のレーザーはまだ有機的な目を使って働きます。
    • クジラの子らはウィキ
  • アイシーブルーアイズ:サブゼロは、当然、非常に薄い青い目を持っています。これは、彼の顔が表示され、対戦相手に空の凝視を与えているときはいつでも、トレーラーが強調表示します。
  • 即興武器:
    • 橋半蔵は、クナイ(元々は石工のこて)を使って縄鏢を作ります。
    • ソーニャは庭のノーム像を使ってカノを刺します。
  • ありえない幼児の生存:ドラマのために演奏されました。半蔵の娘の生存は、彼女の遺産が現代まで続くことを意味します、コールがレルムのディフェンダーとして選ばれるのはそのためです
  • 情報に基づく能力:コールは強力な戦闘機であるはずですが、映画全体で1人の戦いを一人で終えることはできません。アルカナを手に入れた後も、ゴロ、ミレーナ、サブゼロを倒すには、妻のソーニャとスコーピオンの助けが必要です。 Coleは強力ですが、Outworldが送信できる最大の脅威に対抗するため、Overshadowed byAwesomeとして分類できます。
  • インスタントアーマー:コールのアルカナは、エネルギーを吸収して方向を変えることができる黄金の鎧を彼に与え、攻撃を強化するか、それを武器に形成します。
  • インスタントエキスパート:ソーニャは彼女のシグネチャーソニックアタックを使用できますカノを殺してマークを付けた後、そしてそれらを使用してミレーナからコールを救います。ソーニャが映画の中で最もよく訓練された戦闘機の1つであり、リュー・カンとカン・ラオを除いて、彼女の力の使用またはロック解除についての精神的および感情的なハングアップが最も少ないことを考えると、間違いなく正当化されます。カノやコールとは異なり、彼女は実際に 欲求 モータルコンバットで戦うために。これは、彼がそれをひどく欲しかったので、彼のアルカナがマークを受け取るとすぐに目が覚めたとコールに説明する劉カンによってさえ伏線を与えられます。
  • 交換可能なアジア文化:回避。キャラクターが特定の言語を話しているときに、映画の字幕全体で指定されます。半蔵は中国語を話しているので、ビハンの最後の言葉が何であるかを実際には理解できませんが、聴衆は理解できます。そうは言っても、ビハン です 中国人ではなくインドネシア人俳優が演じる。
  • 「それは人間性を奪うことです:ブラジルでの任務について話すとき、ソーニャは彼らが戦ったものを「標的」または「それ」とだけ呼びます。これは、ソーニャがその力を人間以外のものと見なしているためか、失われたチームメート全員に対して抑制された嫌悪感を表明しているためかは、空中に浮かんでいます。
  • 'Tro-PAY'と発音されます:
    • 雷電はシャンツングを「シャオンツング」と数回呼びます。
    • 映画は実際に「白井竜」の「竜」を「リーユウ」と発音し、ゲームで使用されているアメリカ化された「ライユー」の発音ではなく、日本語での発音に似ています。
  • Jerkassにはポイントがあります:軽視された例。 KungLaoとLiuKangは、Sonyaが到着したときは親切ですが、練習の戦いに参加することさえできないと、少し面倒になります。コールの抗議にもかかわらず、彼らは、火を投げたり、氷を想起させて制御したり、拳だけで目で見ることができるよりも速く走ったりすることができる誰かに立ち向かうことは、 非常に 自分を殺し、他の人を作る良い方法 権力は実際に戦うのではなく、あなたを守ることに焦点を合わせています。グループがShangTsungの戦闘機に対する最後の「トーナメント」にSonyaを使用するのに十分必死になったときでさえ、彼らは彼女をKanoに対して送ります。これは、おそらく敵の戦闘機の中で最も危険性が低いです。
  • Kill It with Fire:Liu Kangは、火から巨大な中国のドラゴンを作成し、それを飲み込みますカバル。その後、スコーピオンはローストしますサブゼロから死ぬ彼の燃えるような息で。
  • 氷で殺す:サブゼロから予想されるように、これは彼がオープニングシーンでスコーピオンの家族を殺す方法です。彼は妻と息子を氷の刃で突き刺した凍った彫像として残します。
  • 彼の種類の最後:軽視。コールは最後ですthe Shirai-Ryu descendants、しかし彼には娘がいます。
  • 血統は父から来る:回避。コールは、ハンゾーの息子がサブゼロによって殺害されたため、ハンゾーの娘を介してハンゾーの子孫です。
  • 文字通り粉砕された生活:サブゼロはジャックスの腕を凍らせ、そして血まみれにそれらを粉砕します。
  • 論理的な弱点:
    • カノのレーザーアイは、技術ベースではなく神秘的かもしれませんが、それでも非常に レーザー 。ソーニャのトレーラーでの戦いの間、彼女はアセトンのボトルを彼の目に直接投げることによって、彼が彼の力を完全に使用するのを一時的に止めることができます。カノがレーザーアイを発射しようとすると、アセトンが燃焼するときに激しい火花が発生します。
    • コールのアルカナは、攻撃として放出する前に、運動エネルギーを熱として蓄えます。したがって、サブゼロは彼の自然なカウンターであり、彼の氷の力はそのような熱を奪い、彼の凍えるようなタッチは彼を打つ必要なしにコールを傷つけます。
  • ロゴジョーク:映画のオープニングには、WBロゴを形成する火とニューラインロゴを形成する氷があります。火と氷はモータルコンバットのライバルであるスコーピオンとサブゼロの力です。
  • 抜け穴の乱用:
    • モータルコンバットへの干渉 トーナメント 、神や他の人によって、固く禁じられています。トーナメントの前にコンバタントが殺された場合、それらを殺した人がチャンピオンになります。すでにチャンピオンに指定されている誰かがコンバタントを殺した場合、およびトーナメント自体の外で戦うコンバタントがサブゼロ、ミレーナ、ニタラを送った場合、ルールははるかに曖昧になります。 、カバル、レイコ、ゴロがトーナメントの前にアースレルムチャンピオンを殺し、戦う反対がないことを確認します。これはある程度完全な不正行為と見なされますが、Shang Tsungは、神々が彼を止めるのに十分気にかけていないことを知っているので、そうします。
    • 雷電は、神々がモータルコンバットトーナメントに干渉することは許可されていないと述べています。これは、アウトワールドファイターを特定の場所にテレポートして解体したり、ヒサシの血にまみれたクナイをコールに与えてスコーピオンが参加できるようにするなど、アースレルムチャンピオンにアドバンテージを与える手段を提供できないという意味ではありません。サブゼロとの戦い。コールはその最後の詳細をキャッチします。
  • 鉄製:ゲームのエミュレーションでは、戦闘シーンはたわみと回避を中心としていませんが、現実的にどれほど耐久性があるかに関わらず、戦闘中に不条理な量の内臓罰を受けていることが示されています。
  • Magitek:ハイテクベースの超大国はアルカナによって魔法のように形成されています。
  • モーブシャツ:ミレーナとカバルは最終的にシャンツンの子分ですが、ニタラとレイコに比べて特徴とスクリーンタイムが多く、クライマックスではそれらよりも長持ちします。それはまた、彼らがゲームでより有名なキャラクターであることを助けます。
  • メタオリジン:キャラクターによって描かれるさまざまな超人的な能力は、もともと魔法、気、訓練、技術、または生物学として説明されていました。この映画は、ドラゴンのシンボルを持っている人は誰でもアルカナで力を得ることができると述べています。アルカナは個人によって異なって現れ、少なくともアースレルムチャンピオンにとっては多様な力を1つのソースに統合します。これは、Liu Kangが火を起こすことから、Jaxの機械的な腕が強化されることまで多岐にわたります。
  • 神話ギャグ:
    • コールは、モータルコンバットのクリエーターであるエドブーンとジョントビアスの名前のマッシュアップである「エディトビアス」からタイトルをとったと言われています。
    • ソーニャの住所、806 W. Washington Blvdは、シリーズの開発者であるネザーレルムスタジオの古い住所です。
    • シャオカーンの像は、見られるように、いくつかのアウトワールドシーンに表示されます
    • カノは(彼の象徴的な死者の一人のように)彼の手で相手の心を引き裂くことによって1人の対戦相手を終えた後、彼は誇らしげに「カノが勝つ!」と叫びます。
    • 1995年 モータルコンバット テクノテーマは壮大なオーケストラバージョンで聞かれますサブゼロと戦うためにスコーピオンが到着したとき。ダブステップにインスパイアされたバージョンは、クロージングタイトルを再生します。
    • 生きている間、半蔵のクナイは元のタイムラインのゲームのようにロープに取り付けられています。スコーピオンとして、再起動されたタイムラインのゲームのように、クナイはチェーン上にあります。
    • 何もしない野菜物語海賊
    • 雷電寺では、シンノクのお守りとキタナのファンが展示されています。カノは実際に前者を盗もうとします。
    • ソーニャが収集したすべての情報を壁に表示している間、カメラはナイトウルフのように見えるネイティブアメリカンの写真に残り、記事自体はマトカと精神からトマホークと矢を作成する「ナイトウルフ」の能力に言及していますエネルギー。同じシーンには、コータル・カーンに似た像も示されています。
    • Kung Laoは、ブレードハットを鋸刃のように回転させながらテレパシーで地面に送り、ニタラを頭から背骨まで殺します(その後、ゲームの象徴的なラインの1つである「完璧な勝利」と言います)。に モータルコンバット9 、彼の死は、相手の足をつかみ、犠牲者を鼠径部から半分に分割して、犠牲者を足でつかみながら、のこぎりの刃のように帽子を投げることを含みます。
    • ジャックスがレイコを倒すと、レイコはゲームで起こるのと同じように、ジャックスが彼の致命傷を実行する前に唖然と前後に揺れます。
    • リュー・カンがスイープキックとカノの苦情をスパムしている。ローキックのスパムは、多くの人の間で一般的な「スクラブキラー」です モータルコンバット プレーヤー、特にスイープキック、そして 特に 元のゲームで。 Liu Kangのスイープと、Kanoの倒れ方は、オリジナルのモーションキャプチャスプライトアニメーションとほぼ正確に一致していることに注意してください。
    • スコーピオンと対峙するとき、サブゼロは彼と戦うために氷の剣を作成します。これはへの参照です コリ 彼がゲームで作成するブレード。
    • 映画の終わりに、サブゼロは彼の鎧をはぎ取ることになります。下のジャンプスーツは、元のゲームの古典的な忍者の衣装に似ているだけでなく(肩のパッドがはるかに小さい)、衣装はほとんど黒で、Bi-HanのNoobSaibotの形をほのめかしています。
    • スコーピオンは、ゲームでスコーピオンが彼を殺したのと同じように、口からヘルファイアを使用してサブゼロを実行します。ゲームとは異なり、サブゼロはここでは無罪ではありません。
    • リュー・カンは、子供の頃に少林拳に連れて行ったのはボー・ライ・チョーだと言っています。
    • ソーニャの後offs Kano、 彼女彼女のアルカナのロックを解除しますゲームのように手首からピンクのエネルギーを吹き飛ばす能力を獲得します。
    • ジャックスとサブゼロが戦う前に、「下向き矢印、右向き矢印、LP」がスプレー塗装された壁を見ることができます。ダウン、フォワード、ライトパンチは、ゲーム内のサブゼロのアイスフリーズ移動の入力コマンドです。
    • ソーニャ、カノ、コールが雷電寺を巡るツアーをしていると、壁に沿ってさまざまな壁画が描かれています。そのうちの1人はシャオカーンのもので、もう1人はタヴェンとデゴンの両親であるアーガスとデリアのものです。 モータルコンバット:アルマゲドン
    • コールのジムと彼のMMAの戦いのほとんどは、モータルコンバットの開発者(ミッドウェイとネザーレルムスタジオの両方)が拠点を置くシカゴを拠点としています。
    • シャンツンとしてカンラオを殺す、彼は'95映画からの彼の象徴的なラインを言います: 'あなたの魂は私のものです! '
    • リュー・カンのときカバルを打ち負かす、彼は彼の古典的なドラゴンウィズインフィニッシャーのバリエーションを使用しており、彼の描写に非常に似ています モータルコンバット11 Fatal Blow、そして「Fatality」と言います。カンラオのために。'その後。
    • カバルの衣装には、ストライカーという名前の警察バッジがあり、ストライカーと一緒に警官として働いていることにうなずきます。 モータルコンバット9
    • ゲームではなく、より一般的な神話:チャンピオンの紋章で誰かを殺すと、自動的にあなたに渡されるという考えは、敵を殺すと最大の力を得るという古代の現実世界の迷信を反映しています。
    • BiHanとHanzoHasashiのオープニングファイト中に、HanzoはBi Hanに目の近くの傷を与えます。これは、Kuai Liang(キャラクターの弟)が3回目に受ける傷と似ています。
  • 予告編を絶対に信用しない:
    • 予告編は、ジャックスが倉庫を探してサブゼロとの戦いに負け、その過程で腕を凍らせているシーンでソーニャのナレーションが再生されたため、7年前のブラジルへのミッション中にジャックスが腕を失ったことを暗示しています。実際、私たちはブラジルの事件が何であったかを決して見ません、そしてジャックスはメインプロットの間に彼の腕を失います、 コールに会い、映画の中で彼のトレードマークであるサイバネティック武器を受け取ります。
    • スコーピオン??の象徴的な「ここに来なさい!」予告編の締めくくりは、こもったように聞こえ、言葉があまり発音されなかったため、オンラインで広く嘲笑されました。実際の映画は、ゲームとほぼ同じで、はるかに明確なラインの新しい録音を使用していますが、これが意図的なものなのか、予告編のリリース後に吹き替えられたものなのかは不明です。
  • ニュートラルな女性:アリソンとエミリーは、コールの戦いの間に独自の方法でこれを回避します五郎と
    • アリソンの場合、ゴロがコールを殺そうとしているとき、彼女は斧をつかみ、コールを救うためにゴロを横に叩きます
    • エミリーにとって、彼女は実際には戦っていませんが、ゴロが力を与えられたコールを圧倒したとき、彼女はコールがゴロをアッパーカットするように叫びます。それはうまくいき、彼は彼女のおかげで優位を取り戻します
    • 母と娘の両方にとって、彼らは家族のトラックに乗り込み、五郎をひっくり返そうとします。五郎はスーパーストレングスなので、明らかに機能しませんが、試してみるとポイントがもらえます
  • いい仕事を壊して、ヒーロー! :LiuKangとKungLaoは、レーザーアイを発見するまでカノを繰り返し追いかけます。レーザーアイは、後でソーニャに欠陥があったときに使用します。
  • それを修正する素晴らしい仕事、悪役! :コールは彼のアルカナを見つけることができず、彼の家族に家に送られます。 Shang Tsungは、残りのすべてのチャンピオンを一掃することを決定し、Coleの後にGoroを自宅に送ります。彼の家族を直接守るために戦うことは、コールが彼のアルカナのロックを解除し、ゴロを倒すことにつながります。
  • ノンアクションビッグバッド:シャンツングは、アースレルムチャンピオンと直接戦うことはありません。彼が個人的に行動に関与するのは、彼がカンラオを鎮圧して殺したときだけです。
  • 麺事件:
    • カバルは、カノが画面外で負傷したため、トレードマークの呼吸マスクと酸素ボンベを着用する必要があると述べていますが、負傷の正確な性質やその発生方法については詳しく説明していません。
    • ソーニャとジャックスのブラジルでの任務についてはほとんど何も明らかにされていません(彼らが何/誰と戦っていたかを含む)。
    • カノやリュー・カンがマークを付けるために誰を殺したのか、あるいはソーニャがカノの犠牲者をどのように捕らえたのか、私たちは決して知りません。
  • やばい! :サブゼロは映画の大部分を他のすべての人に優勢に費やしており、マスクを使用しても感情はほとんどありません。しかし、クライマックスの最中に彼は目に見えてショックを受けました。コールはクナイブレードを使用してスコーピオンを召喚します。サブゼロはまた、他の誰も彼の鎧にへこみを作ることができなかったことを考えると、スコーピオンが2回目の戦いの間に実際に血を引くことができたという事実にかなり神経質になっています。
  • お金のためだけに:カノはソーニャが300万ドルと引き換えに寺院を探すのを手伝うことに同意します。
  • PædoHunt:LiuKangが力を手に入れましたドラゴンの入れ墨をした小児性愛者を殺すことによって。
  • パパウルフ:コールは彼の妻と娘を非常に保護しています。スコーピオンはまた、彼らが彼の子孫であることに気付いたとき、コールと彼の家族を保護します。
  • 火遊び:Liu Kangの力は、火の制御と召喚に重点を置いています。また、スコーピオンはネザーレルムの火を制御することを学びます。
  • 語用論的適応:
    • ジョニー・ケージが最初からメインキャストの一部であり、ほとんどのゲームで欠席している理由は、カノと一緒にヒーローと同じ側にいると、2人のキャラクターがお互いに影を落とすためです。コミックリリーフとして機能する両方に。しかし、映画の終わりまでに、カノはソーニャに殺され、コールはジョニー・ケージを募集するためにハリウッドに行くのが見られます。
    • 実際のモータルコンバットトーナメントはこの映画では始まりません。おそらく、映画は伝承とキャラクターの開発に焦点を当てているからです。
    • Lin-Kueiは、ゲームとは異なり、現代で中国の暗殺者がたくさん走り回っている理由に答えることを避けるために、アクティブであることを意味していません。代わりに、サブゼロは、映画のプロットが始まるずっと前の1600年代にリンクエイと一緒にいたときにアウトワールドと連携しているように描かれています。
  • Pre-Mortem One-Liner:Shang Tsungのナッチ、 'あなたの魂は私のものです! '直前カンラオのそれを吸う。
  • レースリフト:ある種の。モータルコンバットの雷電は、 日本神話 、しかしラテン系と白人の男性はフランチャイズの全存在のために彼を演じてきました。実際のアジア人、特に日本の浅野忠信が彼を描いたのはこれが初めてです。
  • 本当に700歳:サブゼロは400歳強ですが、それでも若い男性のように見えます(明るい目で青ざめていることを除いて)。
  • 犠牲ライオン:Kung Laoは、ShangTsungが彼の魂を盗むためだけにColeとLiuKangが逃げる時間を買うために戦います。
  • 続編のために保存:映画の最後のショットは、ジョニー・ケージが次の映画で彼の予想される再起動デビューをすることをしっかりとからかいます
  • ルールをねじ込み、彼らは最初にそれらを破った! :Earthrealmが次のトーナメントにチャンピオンを出さないようにするために、映画の大部分はEarthrealmのチャンピオンがサブゼロによって追い詰められることを含みますそして残りのシャン・ツングの暗殺者。最後の行為は、雷電の助けを借りて、暗殺者を追跡して暗殺するチャンピオンを見るので、アウトワールドはチャンピオン自身がトーナメントに来ることはありません。それから再び、モータルコンバットは常に汚い戦いについてでした、そしてこれはそうではありません 技術的に トーナメントの確立されたルールによって違法です。
  • これをねじ込んでください、私はここにいます! :コールとの戦いの後五郎、アリソンとエミリーはどちらも、他の誰かが現れるのを避けるために、彼らが滞在している場所を離れることを賢明に選択します。サブゼロがそれらを見つけて捕獲する前に、それらは時間内に逃げません
  • 自己達成的予言:予言する予言半蔵の血の子孫可能性を排除するためのシャン・ツングの策略にもかかわらず、そして実際、彼がしていることのためでさえ、アウトワールドの侵入を防ぐための鍵であることが実現します。ヒーローへのすべての攻撃は、コールを真のチャンピオンに近づけ、シャン・ツングの後だけに駆り立てますクンラオの魂を盗む、Earthrealmファイターを結集し、その日に勝つ計画を立てるのはColeです。
  • 続編フック:雷電によってアウトワールドに追放される前に、シャン・ツングは戦闘機だけでなく軍隊と共に戻ることを誓います。彼はまた、ヌーブ・サイボットとしてのビハンの最終的な復活を暗示するコメントをしています。コールはまた、ジョニー・ケージを始めとして、自分でより多くの戦闘機を探しに出かけます。
  • 作品の展示:スコーピオン以前の半蔵は、彼の悪名高い縄鏢/槍のプロトタイプを作成し、ロープを敷き詰め、クナイを庭のベッドに貼り付けました。クナイは、忍者によって道具や武器として改造される前は、石積みのこてとして使用されていたと考えられています。
  • 黙れ、ハンニバル! :シャン・ツングが軍と共に戻ることを誓うと、雷電は彼を追放し、「彼は話しすぎです」と言います。
  • 小さな役割、大きな影響:半蔵の妻は、娘を救い、家の隠された区画に隠すことで、白井竜が生き残ることができるように娘が生き残ることを効果的に保証し、雷電のおかげで僧侶に育てられました彼女を救う。彼女はコールと彼の娘の子孫であり、スコーピオンがサブゼロを倒すのを助けます。
  • 唯一の生存者:半蔵の無名の娘は白井竜虐殺の唯一の生存者です。
  • 悪のソートアルゴリズム:呼び出されます。映画の終わりに、ヒーローはシャンツングのチャンピオン全員を1対1で引き受けることを選択し、サブゼロを最後に残して、彼がすべての中で最も危険であるため、4対1で戦うことができます。
  • ネタバレカバー:映画のポスターショーコールのアルカナ。
  • より大きな魚を召喚する:意図せず。コールの血は、ハサシ半蔵のクナイと反応して、コールがサブゼロに絶望的に勝っているときに、ネザーレルムから彼を召喚します。雷電はそれと関係があるかもしれないし、関係がないかもしれない。
  • スーパーストレングス:
    • ジャックスのアルカナがどのように見えるか、それは最終的に現れるときに彼の機械的な腕にまで及びます。これは、彼がソーニャから岩を持ち上げ、レイコのハンマーからの打撃を押し戻されることなくブロックするのに十分な力を持っていることによって示されています。
    • サブゼロで軽視。彼は岩を持ち上げるのに十分な強さではありませんが、ハンゾやジャックスのような彼よりも大きな戦闘機を数フィート空中に投げているのが見られます。
  • 驚くほど良い外国語:ほとんどの登場人物の描写とはまったく対照的に、スコーピオンとサブゼロは、映画の冒頭での出会いの中で、ネイティブの日本語と中国語を話します。ビハンはまた、ハンゾーの家族を威嚇するためにそれを話すので、少し日本語を知っているようです。半蔵がビハンが彼に言っていることを理解することができないと指摘するように、バイリンガル対話は同じ会話で回避されます。特に、スコーピオンの のみ 映画で話されている英語の行は、彼の前述のキャッチフレーズです。それを除けば、彼の会話はすべて日本語です。
  • 驚くほど現実的な結果:前作とは一線を画し、「現実世界」の論理でより多くのことを演じるという映画の目標の一部として、いくつか。例えば...
    • オープニングでは、致命傷を負った半蔵が娘の泣き声を聞き、娘に向かって這い始めます。彼は死者をかじる前にそれを数フィートにします。彼の決意と父親の本能にもかかわらず、彼は単にひどく怪我をしていて、遠くまで行くことができません。
    • Kung Laoが最初に紹介されたとき、Kanoは彼が誰であるかを尋ね、Kung Laoは、彼の祖先であるGreat Kung Laoについて劇的に語り、刺激的な音楽を備えた、古典的な武道映画にふさわしいBadassBoastを提供します。カノは感動せず、明らかに持っています わからない モータルコンバットトーナメントは何千年もの間外の世界から隠されてきたので、グレートカンラオは誰ですか。
    • 狩野はマークを持っていて、かなり熟練した喧嘩屋かもしれませんが、彼はまだ正式な武道で彼らの人生の大部分を訓練している人々に立ち向かう不機嫌な凶悪犯です。彼がレーザーの目を取得したときでさえ、彼はまだバダスノーマルソニアブレードに対してさえ絶望的に勝っていて、誰かによって殺されるアルカナを持つ唯一の戦闘機になります なし 1。
    • 同様に、コールは(ゴロに対して)1回の戦いに勝ちますが、ミレーナとサブゼロとの戦いに苦労し、どちらの場合も外部の助けを必要とします。MMAファイターであるにもかかわらず、彼は殺すために戦う訓練を受けていないためです。または積極的に彼を殺そうとしている人々から身を守る。五郎との彼の勝利は、彼が時間内に彼のアルカナのロックを解除したことと、彼の妻によるタイムリーな介入のためだけでした。
    • シリーズの古典的な死者とより広い意味で。メインシリーズは ビデオゲーム 、キャラクターは次の試合に移る前にお互いに恐ろしいダメージを与えることができます。ここでは、死者はまさに期待されるような結果で描かれています。
  • 歯を食いしばったチームワーク:ソニアとカノ しない お互いのように、 しない 仲良くすることができます かろうじて 世界を救うために協力しなければならないことを容認します。したがって、カバルがシャン・ツングに代わってより良い申し出をした後、カノがすぐに裏切り者に変わるのは当然のことです。または、ソーニャが彼を殺して、無条件でドラゴンマークを取得することもできます。
  • 剣を投げることは常に機能します:半蔵は脇差を背中に投げて林久井の暗殺者を殺します。彼の剣が家の中に刺さっているので、これは彼に縄鏢を作成することを強制します。
  • Token Evil Teammate:カノ、アースレルムチャンピオンズ。彼は最終的に彼らを裏切り、シャン・ツングの軍隊の側に立った。
  • なぜ人々は目を開けて死ぬのですか
  • Badassでレベルを取得:非常に速い例。 1600年代にハサシ半蔵の農場を攻撃するビハンが紹介されたとき、彼は「単に」彼の存在で部屋を冷やし、手を凍らせることができ、さらに物理的な戦闘に頼って、半蔵自身に対して彼の氷の力を使うのに苦労します。彼がサブゼロとして再紹介されたとき、400年以上の戦闘経験があり、部屋全体を数秒で凍らせ、手を振って氷の破片で通りを覆い隠すことができます。 ショットガンペレットを至近距離で停止します
  • 眺めの良い胴体:ソーニャは彼女がカノを殺した後に受け継いだマークからの力、穴を開けるミレーナ
  • 悲劇的な記念品:
    • スコーピオンの最初の縄鏢は、妻が庭のこてとして使用したクナイを使用していました。
    • 殺された後、Kung Lao ?? sの帽子は、雷電が潜入した寺院から彼らをテレポートし、Liu Kangによって一時的に保持されると、ヒーローに向かって飛んでいきます。それを飾る赤いスカーフは、カバルとの戦いでリュー・カンのトレードマークのヘッドバンドとして使用されると考えられています。
  • 選ばれなかった者:ソーニャがマークを持っている人々に追放され、ミレーナが彼女を殺す価値がないと考える理由の一部は、これが原因です。彼女は最終的にマークを取得しますカノを殺します。
  • 威厳のない死:敗者が壮観な方法で殺されることで戦いが終わる傾向がある映画では、私たちはまた芝生のノームに顔をぶつけられてカノが死ぬ
  • ビデオクレジット:クリエイティブクロージングクレジットの一部として、各俳優の名前がキャラクターの赤と黒のシルエットの横に表示されます。
  • 悪意のある勇気:コール・ヤングとの最後の戦いでとスコーピオン、サブゼロは、彼が敵の総合力に匹敵するものではないことに気づきます。彼はまだ立ち上がって、静かに彼のバトルクライを述べ、そして彼らの両方をコンバットに従事させます。敗北後、スコーピオンに生で焼かれていても、彼はまだ後者を絞め殺そうとし続けています。
  • 声のない:ニタラには対話の線がありません。彼女が本当に何かを言うのに十分長く生きているというわけではありません。
  • Void Between the Worlds:ある時点で、雷電はEarthrealmのチャンピオンを、レルム間の特徴のない平面である「Void」というタイトルの表示に連れて行きます。
  • 私たちはあなたがたをほとんど知りませんでした:ニタラは事実上、カンラオの鋸刃の死者によって非常に迅速に半分にカットされただけです。
  • 価値のある対戦相手:MMAファイターのラミレス(最初にコールを倒した)は、良い戦いをしてくれてありがとう。
  • Xtreme Kool Letterz:Coleは最初、Mortal Kombatの概念を、正しくつづられていないことを指摘して嘲笑します。
  • あなたはそれを殺します、あなたはそれを買いました:選ばれるようになる2つの方法があります:あなたの両親の1人によってマークがあなたに渡されるか、あなたは現在それを持っている人を殺します。
  • あなたの心は私のもの! :Shang Tsung(当然)の魂を盗むカンラオ。彼はそうするように比喩の名前さえ言います!

「ここを乗り越えろ!」


興味深い記事

エディターズチョイス

要約/サウスパークS10 E10ミスティーチャーバングスアボーイ
要約/サウスパークS10 E10ミスティーチャーバングスアボーイ
要約を説明するためのページ:サウスパークS 10 E10ミスティーチャーバングスアボーイ。元の放送日:2006年10月18日カートマンが新しいホールモニターとして選ばれ、…
映画/トランスポーター
映画/トランスポーター
トランスポーターは、ジェイソン・ステイサムがフランク・マーティンとして主演する2002年のアクション映画です。彼に…
キャラクター/バットマン:アナーキー
キャラクター/バットマン:アナーキー
キャラクターを説明するページ:バットマン:アナルキー。 Anarky Alter ego:Lonnie Machin種:Human初登場:Detective Comics#608(1989年11月)…
マンガ/クレイモア
マンガ/クレイモア
クレイモアに登場する比喩の説明。外の世界から切り離された大陸で、散在する都市や村の中世風の文明で…
ビデオゲーム/羊、犬 'n'狼
ビデオゲーム/羊、犬 'n'狼
シープレイダーとしても知られるシープ・ドッグ・ン・ウルフは、パズルプラットフォーマーとステルスベースのゲームを組み合わせたもので、比較的あいまいなルーニーテューンズに基づいています…
ビジュアルノベル/ DRAMAtical Murder
ビジュアルノベル/ DRAMAtical Murder
nitro + CHiRALのBLビジュアルノベル、DRAMAtical Murderは、ファンの間ではDMMDとしても知られ、鮮明でクリーンで流動的なアートスタイル、エレクトロニックミュージックサウンドトラックなどを備えています。
文学/カウントゼロ
文学/カウントゼロ
カウントゼロはターナーという名前のフリーランスの傭兵についてです。失敗した仕事が彼の体の多くを破壊した後、彼は彼の雇用主から新しいものを与えられ、楽しんでいます…